うごくメモ帳Proの進捗状況その4

2019.07.12
カテゴリー:さとちびブログ

デモ

致命的な問題点の解消

問題点

以前のバージョンだと、全て点を打ってビットマップを作成していたため、
パスの長さが長くなるほど、描いたヒストリーが溜まれば溜まるほど処理が遅くなっていました。
そのため描くことが、現実的な時間で終わらないという問題がありました。

改良点

すべてをビットマップにすることを諦め、
パスをSkiaSharpのパスにし、
パターンで塗る処理に関しては、シェーダーを使うことにより、処理を高速化しました。
これにより、うごくメモ帳Proの開発が大幅に進むことになりました。(たぶん。)

問題を解消したことによる問題

うごメモの「塗る」のように、パス自身を塗ることはできない

通常、塗るのはパスで囲まれた領域でしか使用しないので、妥協。

SkiaSharpを使用しているので、太さ1pxのパスが汚くなる

ペイントソフトウェアではなく、ドローソフトウェアなので、
1px単位で描くことがあまりないので妥協。

(だいぶ前からですが、)オープンソースにしています

ソースコードはこちら。
VisualStudio 2019か、VisualStudio for Macがあれば、動作を確認することができます。

マルチプラットフォーム対応

  • Windows
  • Mac
  • iOS
  • Android

全てに対応して、開発を進めています。
いずれは、それぞれの端末で作った作品を、同期させたりして、
「メインはPCで作業して、出先はiPadで続きを描く。」
みたいなことが出来ればと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です